WEBデザイナー転職

30代アラサーでDTPからWEBデザイナー転職!マジでパーソルテクノロジースタッフがお勧め

どうも!ロックTシャツクリエイターのSOです!
LASTKARMA.com

     

僕は30代からはじめてWebデザイナーへ派遣で転職しました。

 

僕は元々はメーカー内で印刷物を制作する部署で働いており、印刷系でイラレとフォトショをちょこっと使える位の物は多少ありましたがWebに関してはほぼノースキル。

しかもWebの仕事をする前には経理事務の仕事をしていた期間も挟んでいたため、制作系に関しては数年のブランクもある状態での転職活動でした。

 

そんな背景でスタートした活動で、正社員のエントリーはお祈りの嵐、神経もすり減り、Webの仕事に就けるか本当に不安でした。

そこである時、僕は正社員ではなく派遣社員として業界に参入する方がハードルが低いのではと考え、派遣で就業する方向に舵を切ったのですが、この選択が功を奏し一か月もたたずにとんとん拍子で就業する事が出来ました。

 

今でこそ数年を経て、Webデザイナーとしての経験もついてきたので、会社に勤務しながら個人でもWEB系の副業の仕事を受けるなど、将来の可能性も広がりましたが、転機は未経験ながらもWeb業界に潜り込ませてくれた派遣会社の力が大きかったなぁと思っています。

 

そんな活動の際に、派遣会社としてピカイチの動きを見せてくれたのが

「パーソルテクノロジースタッフ(当時の名前はインテリジェンス)」です。

30代未経験の僕でも沢山の希望にマッチした案件を紹介して、内定も頂く事ができました。

 

30代に限らず、未経験でこれからWebデザイナーとして働こうと考えるなら、パーソルテンプスタッフは押さえておくべきエージェントです。

今日はそんなパーソルテンプスタッフについて書いていきます。

 

今すぐ登録したい方はこちら(無料)↓

IT・Web・機電エンジニアの転職・派遣なら

パーソルテクノロジースタッフとは

株式会社パーソルテクノロジースタッフは、「Webやエンジニアなど、ITに特化した」一般派遣または紹介予定派遣を専門とする企業です。

2017年から株式会社テンプスタッフが株式会社インテリジェンスの派遣事業部門を吸収合併して現在の体制となりました。

どちらも大手同士が合体して、最強になった感じですね。

筆者がサッカー見るので例えがそっちよりになっちゃいますけど、

バルサとレアルが合体しちゃうような感じですかねw

 

 

ITに特化しており、WEBの紹介案件の多さが最大の魅力、未経験でも案件は紹介可能な案件も豊富

パーソルテクノロジースタッフの最大の魅力はITに特化しているエージェントだけあってWEBに関する膨大な案件を持っている事。

 

内容もデザイン、コーディングをまるっと行えるものから、バナー制作や運用保守などの分業化された業務、はたまたディレクションに至るまで、Webのどの分野に置いても豊富な案件が取り揃えられています。

本当に数多くの案件があるので、働き方、職務内容、レベルなど、求職者の希望にマッチした求人を高確率で見つける事が出来ます。

 

 

また、僕は何度かあった転職毎にパーソルテクノロジー経由で就職活動をしており、その都度、自分の状況に合わせて以下のように異なる希望条件を伝えました。

 

  • 1回目 未経験OKな物
  • 2回目 残業なし公方
  • 3回目 週4日勤務

 

それぞれ求める物は変わっていますが、どのような条件の時にも幅広く対応し、すぐにマッチする案件を複数紹介していただく事ができました、しかも迅速に。

このうち全てにおいてパーソルテクノロジースタッフから就業したワケではありませんが、どの時期に求人の紹介を依頼しても、量・質とも断トツに手厚い対応をしていただきました。

 

 

今考えても未経験者の時の僕に対して、よくもまぁあんなに早く、しかも複数の案件を紹介していただいたなぁとホントに感服しています。

  • IT・Webに特化し、希望した条件に合わせた豊富な求人案件を取り揃え、
  • 未経験者でもレベルに合った求人もキチンと紹介してもらえる

 

 

レスポンスも速く、落ちてもすぐに代替の案件を紹介してもらえた

また、登録から案件の紹介までの速さも迅速。

僕の場合は登録時や求職の依頼を出してから、早ければ当日中に案件を紹介していただきましたし、書類選考や面談で不採用となった場合にもすぐに代替えとなる案件を提案していただきました。

 

他のエージェントさんの中には一回紹介が終わったら、希望条件の案件がなくなってしまったりする事も結構ありましたが、パーソルテクノロジーからは求人を出してもらっている状態だったので、安心感が物凄くありましたね。

この辺りはさすが大手だと思いました。

 

余談ですが、他にも大手の利点は依頼元の企業とのコネクションがある事。

派遣先の企業も人材を採用するならコネがある所から取りたいと思うもの、その点大手はそのようなコネを持っている為、その点からも採用されやすいという利点があります。やっぱコネは大事だよ。

 

 

オンラインだけで登録が完結して紹介を受けられる

もう一つの大きな利点は、パーソルテクノロジースタッフはオンライン上だけで派遣登録が完結できる所。

 

多くの派遣会社は案件を紹介してもらうまでに

  1. オンライン登録
  2. 来社して本登録
  3. 案件紹介

こんなステップが必要になります。

この来社して本登録っていう流れが結構面倒くさい。

酷いパターンだとウェブ上に受けたい求人があってエントリーしたのに来社登録が必要と言われ、来社した所、その頃には求人がストップしてしまい、本当に単なる骨折り損で終わった事もありました。

 

その点に関してオンラインだけで案件の紹介までしてくれる事は地味に結構ありがたい、余計な手間も交通費も時間もかかりませんからね。

 

中には対面で打合せをする方が詳細な案件を紹介されないのでは?と思うかもしれません、僕もそう思っていました。

しかし実際には来社登録をしようがしまいが、求人案件を担当する営業は都度都度変わるものなので、体感的にはオンライン上の手続きだけで十分だと感じました。(もちろん希望の方には来社登録も可能です)

 

 

登録の手続きの流れは簡単。

マイページを開設 > 職歴などの情報を入力 > 職歴書を送付

これで完了です。一般的な転職サイトに登録するのと同じくらいの所要時間で終わります。

職歴所は元からある物を使えばOKですし、ない場合にはこちらからテンプレートをダウンロードして使う事も可能です。

 

 

注意事項としては、パーソルテクノロジースタッフでは、オンライン上での登録だけで紹介が可能になりますが、マイページ上で以上の情報を入力しなければ案件の紹介を受けられません。

アカウント登録後、すぐに行って紹介を受けられる準備をしていきましょう。登録・紹介は無料です。

IT・Web・機電エンジニアの転職・派遣なら

 

注意点、紹介を受ける際に希望はしっかり伝える事が大事

登録が完了すると、数日中(早ければ当日中)に担当から登録の確認と案件があれば紹介の連絡がきます。(恐らく電話でくると思います。)

 

担当もこちらと実際にコンタクトを取って話すのは始めてなので、

紹介する求人案件も基本的には登録場に沿ったものを用意してくれますが、ある程条件に幅を持たせた求人の提案をしてくるので、中には自分の希望とはマッチしない求人を提案される事もあります。

その時には自分の希望を明確に担当者に伝えてください。

そうする事で担当側もこちらに対しての情報が増え、追ってより高い精度の求人を紹介してくれるようになります。

希望との相違点がある場合は、きちんと担当に伝える事が希望の求人を紹介してもらえるコツです。

・担当者と何度かやりとりをして希望のすり合わせを行う事でより希望に近い求人を紹介してもらえるようになります!

 

未経験でも派遣を上手く活用すれば充分Web業界に参入するチャンスはある

未経験社がWebデザイナーの業界に参入する場合は、正社員と比較して入社へのハードルは下がる派遣を使う選択肢は大いにアリです。

 

派遣は雇用形態上、正社員と比べて安定性に欠ける事から否定的な意見もありますが、正社員として一生そこだけで働き続けたいという人でなければ、転職の選択肢が多いアラサー位のうちはあまり問題ならないと思います。

大事なのは派遣社員として働く間、積んだ経験を活かして将来的な計画をどう立てるかだと思います。

 

僕はWebを始めた頃から、正社員にとらわれないダブルワークやフリーランスとしての生き方をしたいという目標を立て、今は途中段階ではあるものの目標は現実に一歩ずつ近づき、収入も上がっています。

 

 

また、派遣は正社員に比べて希望すれば残業のない働き方を探す事もずっと容易にできます。(実際に僕はいくつかの派遣先のいずれでも10時間以上した事はありません。)

20~30代のうちならば、未経験でも参入のしやすい派遣から経験を積みつつ、自分の時間が多く使える間に今後の展望のkや自己研鑚をして自分の人生の目標に近づいていくのが合理的だし賢い選択なんじゃないかと思います。

 

IT・Web・機電エンジニアの転職・派遣なら