エルレのチケット高額転売の何が悪いか考えた。犯罪に逮捕でダフ屋も不幸になるぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

続出しているエルレガーデン(エルレ)のチケットの高額転売問題!

予想通りといえば予想通りの展開ですが、
チケットを手に入れなかった本当にエルレガーデンのライブを
見に行きたいガチ勢からしたら怒り以外何物でもない問題ですよね!

かくいう俺もその1人なんですが、、
今日はチケットの転売の何がいけないのかって事について考えてみました!

 

結局チケットの転売問題のなにがアカンのか

ここまで描いて転売=悪みたいな風潮になってますが、
完全に主観でなにが悪いのかって考えてみた。

勢い任せでかくから、理論も理由も支離滅裂な
滅茶苦茶な書き方になるかもしれないけど、書いてみる。

 

当たり前だけど、転売すべてが悪なワケじゃない

ちょっと話はチケットじゃなくなるんだけど、
例えば、プレミアついたヴィンテージ物のギターだったり、ジーパンだったりが、
作られて10年、20年後、なんらかのプレミアがついて元々の定価よりも10倍の値段で転売されていたとする。

 

こういうのって長い年月をかけてそれなりに
意味付けされた理由から価値がついた結果の値段だ。

 

希少性だったり、物に対するエピソードだったり。

 

そんな理由のついた価値に対して魅力を感じて買う物だから、
手に入れたヤツだって100%ハッピーだと思う。

 

それを作った作者はどう思うんだろう。

「うわ!俺の作ったのってそんなに価値がでたんだ!有り難い事や」

って思うかもしんないし、はたまた

「いや、そんな値段して買わなくてもよかったのに、申し訳ねー」

かもしれない。それはわからない。

 

でも、少なくとも買ったヤツはハッピーだって事は言える

 

まぁ、そういう意味じゃ、エルレのチケットだって
60万だして価値を感じる人だっていると思う、
買ったヤツが100%ハッピーなら問題ないじゃん、
それなら一緒じゃんって一見思うのかもしれないけど。

 

結局は、本来ハッピーになるべき人たちがハッピーかどうか

今回のエルレの件に関しては、

 

細美さんは兼ねてから、見に来る金のない若い人たちでも、
気軽に見に来て欲しいから値段を極限まで下げた設定にしてる、
機材だって自分立ちで運搬したり、色んな努力が裏にある。

 

それが今回、単なる営利目的だけで、高額なチケットを転売で買われたとしたら、
アーティストサイドどう思うだろうか。

100%ハッピーな気分にはならないよね。

そしてそれは純粋な音楽ファンだって同じだと思う。

そんなアンハッピーが、現在進行形でリアルに伝わってしまう。

 

色んな奴が不幸になる。

ハッピーになるヤツは、エルレのライブを楽しみたいと思う全員の気持ちを無視した一部の人間だけ。

それだけ。

 

要は本来ハッピーにならなきゃいけない人たちが、全員アンハッピーになっちゃう、
これが問題なんだと思う。

 

さらに究極いっちゃうと、この転売でハッピーになるヤツだって、
チケットの営利目的での転売は都道府県の条例で犯罪行為にあたるから、
捕まる可能性はいつだってだってある、

気をつけろよダフ屋、痛い目みるぜ。

サカナクションの転売事件でも実際逮捕されてるしね。

もう誰もハッピーじゃない。

こんなおかしい話ないよね。

 

細美さんのブログにはみんなを笑顔にするって書いてある。

細美さんは5月10日にブログで

「ただいま」ってタイトルで

「全員笑顔にすっかんな:-)」って一言だけ記した記事を投稿してる。

エルレサイドはこのチケットの問題を一番身近で感じているハズ。

俺は他のブログの記事でも描いたんだけど、

今回のツアーが終わっても、きっとまたライブを色々企画するんじゃないかと思ってる。

もしそうじゃなくても、細美さんがブログでこういうんだから、きっと全員を笑顔にするなにかを考えてるんだと思う。

なので、転売なんかには絶対手を出さずに、信じていきましょう!

ホントに勢い任せで記事書いたから、
あとから見たらうわーー滅茶苦茶な文章やな~~って思うw

乱筆散文でした!!

2次先行あたるように、普段からいい行いを心がけていこうと思います笑

それでは!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA